マクロビオテイック、自然食、薬膳を語り、体に良くて美味しいメニューの提案と教室

ようこそベジの薬膳のページへ

prof201605132018年4月期:新学期の始まりです。
桜に始まり、ふじの花に春を満喫、そして、新緑が美しい季節を迎えました。

今期、4月~7月の四か月は、各講座が新規の内容でスタートしていますので、新しい受講生も加わり、加藤自身も緊張していますが、新しい出会いを大切に、皆様と情報交換もしながら、進化していきたいと思っています。

各クラス(講座)は、若干名のご入会、また、一日体験も受け付けていますので、各日程の3日前の朝9時までにご連絡をお願いいたします。

■今期の目標:日々健やかに過ごすための8か条
1、 食事・・・未精白の穀物(雑穀を含む)、一日一椀のお味噌汁、発酵食品(お漬物など)
粉食(パンなどは国内産の遺伝子組み換えでない小麦粉)、小麦アレルギーがある場合は、グルテンフリー又は粉食はしない方がよい。食事は一日2食~二食半(一食は軽め、特に夜の食は軽く)
2、 呼吸・・・吸気と吐気共に深く大きく、特に吐く呼吸を大きく。
3、 姿勢・・・胸を開き、背中の左右の肩甲骨の間隔を指1本にまでそらす。
4、 運動・・・朝のウオーキング、日の出から三時間の太陽の光を額、眉間を意識して浴びる。通勤時もできるだけ太陽光線を意識して歩く。
5、 睡眠・・・午後11時から午前2時頃の時間帯に熟睡できるように。
最低でも6~7時間の睡眠を、体調が悪い時は9時間の睡眠を。食事を一食取ると3時間の睡眠が必要(内臓の疲れを回復するために)・・・
2食で6時間、一日3食では9時間の睡眠が必要となります。
6、 住まいの環境・・・太陽光線が当たる通気性の良い環境、特に梅雨時の湿気に注意。換気ができるように密閉状態にならないように。
日本の夏、高温多湿の気候風土に合う住宅環境作りを目差します。
7、 化学物質を避ける・・・食品(食品添加物など)、水(水道水は必ず浄化)衣類(できるだけ自然素材のもの)、薬品(化学薬剤ほか)
8、 静かな環境・・・必要以外のテレビなどの音を避けて、心が休まる音楽を静かに流して心身を浄化するように。

出来ることから心がけてみましょう。

FAMILY62は単にお料理を作る場ではなく、人が日日健やかに過ごす知恵をお伝えしています。
どうぞ、一度、ご参加ください。
おまちしています。
2018年4月   加藤 ゐくこ

お知らせ